大阪の物件探しなら、『 不動産投資・収益物件のインベスター 』

大阪を中心に収益物件を多数掲載している情報サイトです。他サイトにない非公開物件も多数掲載中!

会員の方は『 ログイン 会員限定 も閲覧可能 会員登録(無料)
トップ   >   不動産投資コラム一覧   >   不動産投資コラム詳細
2  
/全5話
「台風の脅威」 サラリーマン大家の奮闘記(第2回)
公開日 10月26日 |  アクセス数:4310
前のコラム 前のコラム(1話) 次のコラム(3話) 次のコラム
サラリーマン大家
 
さんのプロフィール
■ 経歴

□1970年生まれ

□2014年
会社に勤務しながら不動産投資を開始

多忙な合間を縫って効率的な不動産投資方法を追及しています。利回りは低めですが、駅前・資産価値の高いエリアを厳選し高い入居率を見込める物件を購入しています。 入居者募集や管理業務を徹底し効率化する投資手法を日夜勉強しています。

□2016年
一棟マンションは自主管理で実践しています。今後のコラムに期待してください。

■ 主な所有物件

□2014年
9月:一棟マンション購入(売却済)

□2015年
6月:一棟マンション購入(13住居)7%

□2016年
2月:一棟マンション購入(5住居)7%
  サラリーマン大家
こんにちはサラリーマン大家です。

最後までお付き合い下さい。

もう冬が近づいてきているのにですが
今年の夏は台風の多い季節でした。

不動産オーナーにとっては天敵以外何者でもありません。

そんな台風にまつわる出来事について

鉄骨一棟マンションを購入しましたが、駅前徒歩2分以内の好立地で利回り・収支の問題ない満室物件でした。
初めて買った物件が築24年鉄骨ALC構造…まったく無問題との認識でした。
そんな満室物件でしたが、台風が通過した台風一過休日の朝に管理会社から一本の電話が・・・

「一階店舗の壁から水漏れが発生しています!!」

げげげ・・・

慌ててお世話になっている施工会社と現地へ急行・・

あらあらでした・・・

ボードが完全に浮いて今にもエアコンが脱落しそうな状態に

よくよく調査してみるとエアコンの排水ドレーンが詰まって逆流していました。
併せてエアコンの設置工事が不適切でボードだけでエアコンを支えてることが発覚・・

ただ、この問題だけでなく天井から滲み出た雨水もあるため壁面・天井部分の改修工事を大家負担で急遽お願いし、エアコンの改修工事は壁面をちゃんと固定できるよう合板にして強度補強を行いました。

建物全体に継ぎ目の多い鉄骨ALC構造は老朽化に伴い防水性が低下し雨漏りの原因になりやすいデメリットがあるんだと最近知りました。
今回は塗装面にひび割れがあり、劣化した継ぎ目のシーリングから浸潤した可能性があります。今回は発覚した箇所を補修を行い解決しましたが・・・・

それから特段問題はありませんが、営業時間中にエアコンが脱落して怪我でもしたらゾッとしますね。

雨漏りの一件で、マンション購入には重要なチェック事項になったことは言うまでもありません。
購入する物件の手入れ・修繕の状況は十分把握しておかないと後々、大きな費用が発生することを覚悟しなくてはなりません。
不動産収益の一部を積立金として将来の大規模改修に備えることも必要ですね。

  サラリーマン大家 さんのプロフィール
■ 経歴

□1970年生まれ

□2014年
会社に勤務しながら不動産投資を開始

多忙な合間を縫って効率的な不動産投資方法を追及しています。利回りは低めですが、駅前・資産価値の高いエリアを厳選し高い入居率を見込める物件を購入しています。 入居者募集や管理業務を徹底し効率化する投資手法を日夜勉強しています。

□2016年
一棟マンションは自主管理で実践しています。今後のコラムに期待してください。

■ 主な所有物件

□2014年
9月:一棟マンション購入(売却済)

□2015年
6月:一棟マンション購入(13住居)7%

□2016年
2月:一棟マンション購入(5住居)7%
前のコラム 前のコラム(1話) 次のコラム(3話) 次のコラム